しげのぶ耳鼻咽喉科アレルギー科

くち・のどの症状

こんな症状の方は耳鼻科にご相談をHave any of these symptoms?

  • のどに違和感や異物感、腫れがある
  • のどに痛みがある
  • 声がかすれる
  • 口内炎がよくできる
  • 口腔内やのどが乾燥しやすい
  • 咳や痰が長引いている
  • いびきや無呼吸があると言われた
  • 食物がのどを通りにくい
  • 首が腫れている、首を触ると痛い
  • など

のどはとても重要な器官Important sense organ

のどは咽頭と喉頭に分けられ、主に3つの重要な役割を果たしています。一つ目は食べ物の通り道としての役割。二つ目は鼻や口から取り入れられた空気の通り道としての役割。「食物」と「空気」は同じように咽頭を通りますが、喉頭蓋(こうとうがい)という「ふた」によって両方を振り分け、食物が空気の通り道である気管に入らないよう防いでいます。
三つ目は声を発するという働きです。声帯が適度に閉じることで、自由な大きさや声の質で発声できます。

のどに違和感がある、食物を上手く飲み込めない、声が上手く出せないなどの症状が見られる方は、お早めに耳鼻咽喉科を受診するようにして下さい。


主なくち・のどの疾患Main diseases

口内炎 咽頭炎 喉頭炎 扁桃炎 声帯ポリープ・声帯結節 急性喉頭蓋炎 仮性クループ 咽頭がん 
喉頭がん など

口内炎

口内炎は口の中の粘膜にできる炎症のことです。疲労の蓄積、胃腸の調子が悪い、風邪、睡眠不足などのストレスによりできやすいとされています。原因には多くのものがあり、ウイルス・細菌・カビによるもの、また入れ歯や虫歯によるもの、自己免疫疾患によるもの、熱い飲食物や歯で咬んでしまったことなども原因となります。口内炎で受診される患者さんの多くはアフタです。アフタの原因はまだわかっていませんが、自己免疫や月経、ビタミン不足の関与も指摘されています。

 病院では視診(口内炎の形・大きさ・数などを見る)、触診(触って硬さを調べる)などを行います。治療は、軟こうの塗布、カビの薬・ビタミン剤・漢方薬などを使用します。耳鼻咽喉科では口内炎表面に薬を塗布して痛みを軽減する局所治療を行います。普通の口内炎と思っていたが実は他の病気だったということもありますので、口内炎が治りにくい場合には耳鼻科や口腔外科などの医療機関を受診してください。

咽頭炎・喉頭炎

咽頭炎は鼻や口の奥にある管状の器官(咽頭)に炎症が起こる疾患です。粘膜が赤く腫れ、食物を飲み込むときに痛みを感じたり、咳、痰、発熱などの症状が見られます。咽頭は耳にもつながっていますので、耳の奥に痛みや不快感が広がることもあります。
喉頭炎はいわゆるのどぼとけの中に炎症が起こる疾患です。咽頭炎と同様にのどの痛み、咳、痰、発熱などの症状が出現します。声帯の炎症を起こすと声がかすれたり、ひどい場合は声が出なくなることもあります。
治療は薬の服用や薬液の入ったネブライザーを行いますが、ご自身でも安静、保温、保湿、栄養補給を行ってください。声が出にくい場合にはなるべく声を出さないようにすることが大切です。喫煙や飲酒は症状を悪化させますので控えて下さい。

扁桃炎

扁桃は咽頭の一部分で、リンパ組織からできているため健康な状態ならば細菌などを防御する役目があるのですが、扁桃自体に炎症を起こしてしまうと、のどの痛みや高熱、食事が飲み込めないなどの症状が現れることもあります。治療は薬の服用や薬液の入ったネブライザーを行いますが重症の場合には点滴治療を必要とすることもあります。

声帯ポリープ・声帯結節

声帯ポリープは主に一時的な声の出しすぎにより声帯の片側にできるコブのことで、強い発声が原因となって声帯の血管が破れてできるといわれています。声帯結節は慢性的な声の使い過ぎでできる両側声帯の小さい隆起のことを言います。症状はいずれも声がかすれる、高い声が出にくいなどです。声帯結節は、声をよく使う人にできやすいといわれています。治療としては、声の衛生を守ること、つまり、大声を出さない、長時間しゃべらない、過度の咳ばらいをしない、のどの保護のための加湿、煙やほこりを避ける、禁煙、飲酒も控えめに、また普段から声の出し方に注意して適切な発声を行うなどが必要です。小児声帯結節の場合には、大きな声を出さないように気を付けることが難しいこともありますので、主には経過観察を行ってゆきます。クリニックでは炎症を取る薬の内服や吸入治療を行います。まれですが一見ポリープに見えても喉頭がんとの鑑別を要することもあるため声のかすれが続く方はご相談ください。

急性喉頭蓋炎

喉頭蓋(こうとうがい)とは、食事や水が気管にはいらないようにするのどにあるフタです。喉頭蓋炎とはこのフタに炎症が起きて赤く腫れあがる病気です。症状としては、のどの強い痛み、食事や水分がのどを通りにくい、また腫れが強い場合には呼吸困難や窒息する危険もあります。治療は、病院で抗生剤やステロイド剤などの薬を点滴します。呼吸困難症状がある場合には、窒息しないように気管に穴をあける手術をすることもあります。のどの痛みが強く水も飲み込みにくい、息が苦しいなどの症状がある場合にはすぐに耳鼻咽喉科のある病院や救急病院を受診してください。

仮性クループ

急性の炎症により特に声帯や声帯の下の粘膜が赤くはれて狭くなる病気です。3ケ月から3歳ごろのお子さんに起こりやすいといわれています。
かぜ症状のあとに起こることが多く、発熱や急に息苦しくなる、ゼイゼイいう、声がかすれる、犬が遠吠えをしているようなケンケンという咳が出ます。呼吸が苦しくなり窒息する恐れもありますので、このような症状がある場合には早めに受診してください。治療はステロイド薬の内服と腫れを引かせる薬の吸入を行います。多くの場合は軽快しますが、薬の効果が切れるとまた腫れてくることもあるので、いったん症状が改善しても、しっかりと様子を見てゆく必要があります。入院して治療を行うこともあります。

咽頭がん、喉頭がん

のどのがんです。出来る部位により上咽頭がん(鼻の奥から口蓋扁桃の上後方)、中咽頭がん(口蓋垂や口蓋扁桃など)、下咽頭がん(のどの下の方で食道の入り口部分)、喉頭がんに分けられます。喫煙や飲酒、ウイルスとの関連があると言われています。初期の段階では目立った症状はないこともありますが、のどの違和感や痛み、飲み込みにくさ、声のかすれ、血痰などの症状が現れます。治療は放射線治療、抗がん剤による化学療法、手術などが行われます。

いびき・睡眠時呼吸障害

このような症状の方はご相談を

  • 家族などから「いびきが大きい」「寝ているときに呼吸が止まっている」と言われる
  • 睡眠中に突然息が苦しくなり目が覚めてしまうことがある
  • 日中に強い眠気がある、目覚めが悪い、起きたときに疲労感がある、熟睡した感じがない
など

よく眠れないと訴えられる方のなかには、大きないびきや呼吸が止まる(無呼吸)ため十分な睡眠が得られない睡眠時呼吸障害と、いびきや無呼吸はないけれど眠れない睡眠障害があります。これらの睡眠障害の中で耳鼻咽喉科医が担当するのは、閉塞性睡眠時呼吸障害(鼻やのどの空気の通りが悪くていびきや無呼吸になる状態)です。原因としては肥満、舌・扁桃・口蓋垂が大きい、顎が小さい、加齢でのどの筋肉が緩むことなどがあります。また喫煙や飲酒、鎮静薬の多用などで引き起こされることもあります。
睡眠時無呼吸症候群では高血圧や糖尿病、心疾患、脳卒中などのリスクが高まると言われています。
このような方には、問診や視診を行ったのち、鼻からのどまで内視鏡検査にて通りが狭い部位があるかどうか確認します。睡眠時呼吸障害の可能性があれば、睡眠検査を行い無呼吸がどの程度かの評価をして治療法を検討します。もし鼻炎や副鼻腔炎などのために通りが狭いようであれば鼻の治療を行います。のどが狭い場合には、扁桃肥大が原因の方は扁桃摘出術を検討し、のど全体が狭い場合にはCPAP(寝るときにマスクを着けて機械から空気を送り呼吸をサポートする治療)を行います。軽症の場合には口腔外科でマウスピースを作ってもらうなどの治療を行うこともあります。 当院では睡眠時呼吸障害の検査を行っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

診療内容


ページ
TOPへ