しげのぶ耳鼻咽喉科アレルギー科

みみの症状

こんな症状の方は耳鼻科にご相談をHave any of these symptoms?

  • 耳が痛い
  • 耳がかゆい
  • 耳の中から液体が出てきた
  • 周囲の音や声が聞こえにくくなった
  • 耳鳴りがする
  • 耳の奥に違和感がする
  • 耳の中が塞がっているような感じがする
  • 天井がぐるぐる回るような眩暈がする
  • 耳垢が溜まっている
  • など

耳は大切な感覚器官Important sense organ

耳は大きく分けて外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)の3つの部分に分けられます。外耳は、耳たぶと耳の穴のことで、外の音を拾って耳の奥に伝える役目があります。
中耳は、鼓膜とその奥にある骨の中の空洞のことです。この空間にある音を伝える骨で鼓膜の振動を奥の神経に伝える役目があります。
そして、耳の一番奥にある内耳は聞こえを担当する蝸牛、バランス感覚を担当する前庭や三半規管から成り立ちます。中耳から届けられた音の信号を脳に届けたり、バランスを保つための働きがあります。

耳は、このように「音を聞く」という働きのほか、「バランス感覚」もつかさどっているので、異常や病気が生じると、私たちの生活に大きな影響が出てしまうのです。


主な耳の疾患Main diseases

急性中耳炎 滲出性中耳炎 慢性中耳炎 外耳炎 伝音難聴 感音難聴 突発性難聴 耳鳴り 加齢性難聴 メニエール病 耳あか など

急性中耳炎

中耳に炎症が起こる病気を「中耳炎」と呼びますが、このうち小児に多いタイプが急性中耳炎です。鼻やのどから侵入した細菌・ウイルスが中耳腔の中で増えると、急性の炎症が引き起こされます。炎症が悪化して膿が溜まると、耳の痛みや閉塞感、発熱、耳だれ(耳漏)などの症状が現れるのです。

幼児の場合、耳と鼻をつなぐ耳管が水平に近く太く短いため、風邪をひいたときなどに鼻やのどの奥の菌が中耳に入りやすく、急性中耳炎を起こすことがあります。乳児などは、耳の痛みを言葉でうまく伝えられないので、大泣きしたり、しきりに耳に手をやったりします。このような異変に気付いたときは、耳の疾患が疑われますので、お早めに耳鼻咽喉科を受診するようにして下さい。

治療としては、内服薬などを使用します。膿が溜まって痛み・発熱などの症状が強いときは、鼓膜を少しだけ切って、ウミを外に出すこともあります。切った鼓膜はほとんどの場合元通りに回復します。 

滲出性中耳炎

中耳の弱い炎症が続いてしみ出た液体が溜まる疾患です。痛みや発熱を伴う場合は患者様や保護者の方が異変に築いて耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療がなされますが、滲出性中耳炎は痛みなどの自覚症状があまりないため、受診せずに放置してしまうことがあります。しかし滲出性中耳炎は難聴の原因となりますので、お子様の耳が聞こえにくいのではないかと感じられたときは、耳鼻咽喉科を受診して検査を受けておくことが望まれます。

治療としては、薬の内服を行ったり、また鼻やのどの調子が悪い場合にはその治療も行うことで滲出性中耳炎が改善することがあります。数カ月改善しないには鼓膜を切開してチューブを入れることもあります。

慢性中耳炎

長年中耳炎を繰り返し鼓膜に穴が開いて耳だれが続いて難聴が徐々に進行する疾患です。
痛みや発熱はあまり見られませんが、長期間の炎症のため外部の音がきちんと伝わらず、また外から菌が入りやすいため耳だれを繰り返すことがあります。鼓膜や皮膚の一部が奥の方へ入り込み真珠腫という塊ができて骨を壊すこともあります。

外耳炎

耳たぶから鼓膜までの耳の穴の中に炎症が起こる病気です。多くの場合、耳の水が入ったり耳かきなどの際に耳の穴の皮膚を傷つけてしまい発症します。耳に痛みや痒み、灼熱感、耳だれなどの症状が出現します。
耳の穴が赤く腫れて痛みがあるとき、かゆみが強いときなどには薬を使用します。耳を触らないように気を付けることが大切です。

伝音難聴

外耳や中耳の異常によって聴こえが悪化する難聴です。先天的な原因、中耳炎、鼓膜の損傷や耳あかなどによって生じます。症状としては、「耳が詰まる」、「声がこもる」、「ふたをした感じがする」、「聞こえにくい」、「水がたまった感じ」などです。周囲の声や音が聞こえにくいと感じておられる方は、一度、耳鼻咽喉科医のもとで診断を受けてください。

感音難聴

内耳や脳の疾患によって起こる難聴です。先天的な原因や、外傷、加齢、騒音、メニエール病、脳腫瘍、薬剤など、様々な原因によって起こります。原因がなく突然発症する突発性難聴もあります。

突発性難聴

感音難聴のひとつであり、突然、耳の聞こえが悪くなり、耳鳴りやめまいなどの症状を伴うことがあります。突発性難聴の原因は、まだ解明されていませんが、ストレスや疲労、ウイルス感染、内耳の血流不足などが考えられています。早期に治療開始するほど聴力が回復する可能性があるので、出来るだけ早く耳鼻咽喉科を受診するようにして下さい。

耳鳴り

明らかな音源がないところで聞こえる音の感覚のことです。耳や頭の周囲で「キーン」、「ザー」、「ピー」などの不快な音が聞こえます。原因については、中耳炎、メニエール病、突発性難聴や脳の病気などがありますが特に原因が見当たらないこともあります。原因が明らかな場合はそれぞれの治療を行います。原因が明らかでない場合には耳鳴り再訓練法といって、耳鳴のメカニズムを理解してその状態に慣れて行くことを目指す治療を行います。難聴がある場合には補聴器装着して耳に音を入れることで耳鳴りが軽くなることもあります。

加齢性難聴

聴力は一般的に年齢が進むと徐々に低下していき、日常生活の様々な場面で聞き間違いが起こりやすくなります。特にはっきりとしたキッカケはないのに徐々に家族や仕事での会話、テレビや音楽が聞こえにくくなります。治療としては補聴器を検討します。補聴器をつけても難聴は聴力を治す機器ではないためご自分の耳と同じ聞こえに戻るわけではありませんが、周囲とのコミュニケーションをサポートする機器として役立てることができます。補聴器には様々なメーカー、種類、価格、機能のものがあります。補聴器はご自分に合った最適のものを選ぶために補聴器相談医による診察や認定補聴器技能士の在籍する補聴器店で相談して調整をしてもらうことが必要です。

メニエール病

突然、自分の身体がクルクル回転するめまい、耳鳴りや耳がふたをした感じ、難聴などが出現する疾患です。発作がない時には無症状なのですが発作を繰り返していくうちに耳鳴りや難聴が残ることもあります。発作期はめまいや吐き気を抑える薬を使用します。聴力が変動するため聴力の定期検査が必要となります。

良性発作性頭位めまい症

めまいを起こす疾患の中でも比較的頻度の高いもので、頭を動かしたときに生じる特徴があります。耳石器(バランスを感知する細胞が集まっているところ)の感覚細胞の表面にある耳石膜が感覚細胞からはがれてリンパ液の中に浮遊するため生じると言われています。通常は2週間~1カ月程度で自然に改善していきますが、めまい症状が強い場合にはめまいを和らげる薬を用いることもあります。治癒を促すために、転ばないように気を付けながら動くことも必要です。

めまい症

人間は、目や耳、足の裏、全身の筋肉・関節などによって自分と周囲の位置関係を把握しています。そのためこれらに問題が生じて正確な感覚が得られなくなるとめまいの症状が引き起こされます。また貧血や心臓の病気があって脳への血流が十分でない場合にもめまいを生じることがあります。
耳が原因のめまいは命に影響することはありませんが、脳の病気によるめまいは命に影響することがありますので注意が必要です。脳の異常によるめまいは、強い頭痛、モノが二つに見える、ろれつがまわらない、手足が動きにくい・手足がしびれている、などの症状を伴うことがあります。このような症状がめまいと一緒に起きている場合にはすぐに脳神経外科や救急病院を受診されることをおすすめします。また心臓や循環器の病気をお持ちの方はまずは担当の医師にご相談ください。

耳垢栓塞

耳あかによって外耳道が詰まってしまう状態が耳垢栓塞です。ひどくなると難聴の原因ともなります。治療は鉗子などで耳垢を除去します。耳垢が外耳道の皮膚にへばり付いて剥がれないときは、点耳薬を使用して耳垢を柔らかくしてから取り除きます。

診療内容


ページ
TOPへ