しげのぶ耳鼻咽喉科アレルギー科

はなの症状

こんな症状の方は耳鼻科にご相談をHave any of these symptoms?

  • くしゃみや鼻水が止まらない
  • 粘り気の強い鼻水が出る
  • 鼻づまりが続いている
  • 鼻血が出る
  • いびきをかいていると言われた
  • 臭いがよく分からない
  • 鼻や頬、おでこ、目の周りに痛みがある
  • など

鼻は大切な呼吸器官Important sense organ

鼻には、主に2つの大きな機能があります。ひとつは、空気の通り道としての役目です。
鼻から吸い込まれた空気は、鼻腔などを通る際に細菌や有害物質などが取り除かれ、適度に空気を温め加湿してから肺に送り届けられているのです。

また、もうひとつの機能としては匂いを感じる感覚器としての役目があります。腐敗物やガスなどの悪臭を感知することで危険から身を守ったり、食べ物の匂いをかいで食欲が進んだり、アロマなどの香りを楽しむことでリラックスすることができます。

このように、鼻は呼吸、匂い、さらには声の響きをつくったりなどの大切な役割を果たしているのです。そのため、鼻の病気に罹患すると、生活の質が著しく低下します。


主な鼻の疾患Main diseases

かぜ(症候群) 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎(花粉症) 嗅覚障害 など

かぜ(症候群)

かぜ(症候群)とは急激に起こる呼吸器系の感染症をまとめた呼び名です。症状は、鼻水、鼻つまり、のどの痛み、咳などの局所症状と、発熱、体のだるさなどの全身的な症状です。原因の多くはウイルス性でその種類は200以上もあるといわれています。細菌性の主なものには溶連菌があります。季節的には秋から冬にかけて多いのですが夏かぜといわれるものもありかぜは一年中起こるといえるでしょう。
 ウイルス性の軽いかぜに対しては、主に症状を和らげるための薬を使いますが、免疫力を落とさないように安静にすることと睡眠を十分にとることが大切です。また溶連菌感染や細菌感染を疑う場合(副鼻腔炎、中耳炎、扁桃炎など)には抗生剤を使用します。
かぜは飛沫感染や接触感染でうつるので手洗いが有効です。また発熱や体のだるさが主な症状で、鼻やのどの症状がない方はかぜではなく他の病気のこともあります。

副鼻腔炎

鼻の周囲にある骨の空洞を副鼻腔といい、ここに細菌やウイルスが侵入して増殖することによって引き起こされる疾患です。鼻が詰まったり、黄色くネバネバした鼻水が出たり、頭痛などの症状が出現します。薬を服用し症状の悪化を食い止めるとともに、薬液の入ったネブライザーを用いて副鼻腔の換気と排泄を促す治療を行います。

アレルギー性鼻炎

花粉症

嗅覚障害

鼻から脳にかけて何らかの異常が発生し、匂いが分からなくなってしまう疾患です。鼻の穴に入ってきた匂いの成分は鼻の最上部の粘膜に感知され、神経細胞に伝わり脳へと届けられ匂いを認識しますが、これらの伝達が上手くいかないことで嗅覚障害を引き起こします。 鼻の疾患がある場合には治療を行うことで症状が改善されることもありますが、他の病気や原因不明の場合には改善しなこともあります。

診療内容


ページ
TOPへ